野菜すーぷなどダイエットのアレンジ方法がいろいろ

一時期、1週間スープダイエットがネットでも話題になりましたので、すでにやってみたという人はたくさんいらっしゃいます。すべてのかたが、1週間スープダイエットの厳密なメニューや方法を守っているわけではありません。もちろん注意点についても同様です。

そうであるにもかかわらず、体重はちゃんと減ったという意見が多いことに驚きます。つまり、一度にたくさんの体重を減らしたいというわけでもなく、ちょっとでも確実に落としたいというかたは、1週間スープダイエットをきちんと行なう必要はなく、適当にアレンジしても大OKということになります。ですが、なるべくでしたら、脂肪燃焼効果のある野菜を野菜すーぷなどに入れたほうがベストです。

どうしても嫌いで食べることも出来ないという野菜等があれば仕方がありませんが、そうでない限り、指定の具材は入れたほうがより効果がいいと言う事でしょう。スーパーのダイエット野菜すーぷなどを使用するのであれば、そのままでも良いです。

そして、あまり大きく工夫することを望まないかたは、野菜すーぷなど以外の飲み物をもっと自由にすると良いですね。たとえば、普段は飲物などに砂糖をいれているのならば、野菜すーぷなどダイエット中もそのままで良いでしょうし、純粋なジュースが手元になければ、薄めたものでも良いでしょう。

どうしても甘いものが飲みたくなったら、飲んでもOKだと思います。ただし、コーヒーの砂糖はともかく、スーパーのジュースやコーヒーに含まれる砂糖の量はあなたの想像を超えた量ですので、それだけは忘れないようにしてください。

また、野菜すーぷなど以外の野菜は生で手作りのドレッシングをかけたり、バナナ限定のところを他のお好きな果物などに変えるなど、イヤにならない程度の細かなアレンジはいくらでも可能です。
無添加酵素ドリンクでダイエット

味噌汁でダイエットできるかも!

もともと野菜すーぷなどというのが外国人にとっての汁物であり、我々日本人にとっての味噌汁のようなものです。つまり、味噌汁に野菜をたっぷり入れて、ダイエット野菜すーぷなどとして食べると、とても健康的に痩せられるということになります。

「野菜すーぷなど」という名称になっているので、自然に欧米風のものを想像してしまいますが、我々が決して飽きることのない味噌汁で良いのです。味噌汁は、味噌が入っているというだけでもすでに良質のタンパク質をとっていることになりますし、健康に良いと言われている発酵食品でもあります。

そして、ダイエットに最適な野菜や海草、キノコ類など大概のものは何を使うにしても美味しく食べられますよね。作るのも決して難しいものではありません。最近は、スーパーの味噌汁も大変美味しくなりましたし、フリーズドライによる具材のレパートリーも増えましたから、さらにお手軽に美味しく食べられるようになっています。

実際、海外では味噌汁のことを「ミソウープ」と呼びますので、れっきとした野菜すーぷなどであるとも言えるでしょう。ただし、味噌汁で気をつけたいのは、そこに含まれる塩分です。普通のお椀で一杯飲むくらいであれば、血圧が高いかたを除いて、それほど心配する必要はないのですが、ダイエット野菜すーぷなどとして1日に何杯も飲む場合には注意が必要です。

減塩の味噌を使ったり、だしをしっかりと取ることによって、味噌の量が少なくても美味しく食べられるようになります。また、玉ねぎや大根、ネギなど煮ることによって甘みが増したり、風味が強くなる野菜を入れるのも良い方法です。何よりも、薄味に慣れることも大切です。

薄味のおかずに慣れてしまえば、ご飯を目いっぱい食べなくてもすむようになるので、それもまたダイエットに繋がります。スーパーの味噌汁の場合は、お湯を多めに入れたり、味噌が顆粒になっているタイプは、少し減らするなどの工夫が必要でしょう。
生酵素でダイエットしませんか